オナ電

 ヤリモクでネトナンができない今、不満を抱えている人たちが多くなっているようです。
そういう人たちが、どのような行動をとるのか?
これは古くからある方法に頼るようになっているのです。
それが“オナ電”です。
性行為と新型コロナ感染と言うのは、密接に繋がる部分があったりするようですね。
飛沫感染と接触感染、どちらもセックスには欠かせない部分ではないでしょうか?
当然セックスをすることで、感染してしまうリスクは確実に高まってしまうもの。
大変怖い病気ですから、いっときの快楽のために性行為に走る人たちが減っているのです。
しかし、やはり不満は我慢出来るものではありません。
オナ電でしたら、飛沫感染と接触感染も全く関係ない世界。
通話しながら、お互いの快楽を引き出し合う男女の関係を作れてしまうから、人気が強まっているのです。

 自分も、最近はオナ電を中心に楽しんでいます。
以前はオフパコしていたのですが、さすがに怖いのでオナ電に切り替えました。
ハッキリ言うと、出会い系アプリの中は不満を抱えている女の子たちが多いのです。
オナ指示
接触することがない通話で快楽を求めようと思う女の子たちが増えている。
確実に言えることで、より簡単に出会いを探せています。

 19歳の若い女の子まで求めてくれているのは、さすがに嬉しいものがありました。
咲奈ちゃんも強烈な不満を持ち続けていて、オナ指示を求めていました。
「咲奈のエッチな部分を刺激してみようか」
「うん・・・はぁ・・」
次第に甘く切ない吐息を漏らし出してくれます。
お互いの性欲解消のために繋がった女の子。
恋人でもないのに、オナ声を聞かせてくれることに、激しい喜びと興奮を覚えてしまいます。
お互いの興奮が、かなり強まった頃に見せ合いの提案もしてみたのですが、却下されませんでした。

 19歳の美しくもエロいオマンコやオッパイに、心が弾みまくってしまいました。
完全無料でこれがやっていける部分も、オナ電の大きな魅力でしょう。
彼女も、イチモツで狂ったように感じまくってくれ、淫らな姿をたっぷりと披露してくれました。
エッチなチャット
エッチなチャット

フェラ割り

雨に濡れながらイベント会場の設置の仕事をしていたせいで次の日風邪をひきました。もう最悪です。ただ、唯一の救いはルームシェアで住んでいるため今日仕事が休みの司が家事を代わってくれました。彼には彼女がいます。私との関係は昔からの幼馴染ということもあって親友みたいな感じで恋愛対象にら入りませんでした。だから、お風呂から出て髪が濡れた状態で彼に会っても全く抵抗もなく、彼からももう少し女として自覚を持った方がいいよとアドバイスをするくらいです。
テレフォンセックス
そんな彼の仕事は家庭教師。めちゃ給料がいい。具合の悪い私に彼のお金で薬とかも買ってくれました。「いいな。頭がいいの。私なんかどんなに頑張って働いても給料は少ないしお金余っていたら頂戴。」と、冗談で言うと「フェラ割りする。」フェラ割り、彼女がいるのに何故と思っていると彼女がフェラしてくれないのが理由だと教えてくれました。ちなみに金額を聞くと1万。と、言われやりたい気持ちが強くなり具合は悪いけれどそれくらいなら出来ると思った私はやることを伝えました。司は冗談ではなく本気かと、再度確認してきましたが本気の私は彼のズボンのチャックを下げました。すると、すでにでかくなっているアレが出てきました。口に咥えるのもやっとなくらいだけど頑張ってやりました。すると彼は声を押し殺しながら私の口の中に出してしまいました。それ以上のことをして来るのかなと思ってしまいましたが司はそれ以上はしてきませんでした。それ以来フェラをやって欲しい時は私に言うようなりました。
口ワリ
口ワリ

スペンス乳腺

出会い系で知り合った人に、スペンス乳腺の開発をしてもらいました。
これは、実際にやってもらって良かったと思います。
その後、肉体がよく反応するようになっている気がしちゃって。
何となくなんですが、自分にも自信が持てるようになっています。

 それまでの私、セックスしても、いまひとつ興奮することができない状態でした。
逝くことができない。
気持ち良くはなるのですが、絶頂を感じるほどではありませんでした。
もしかしたら、私って不感症なの?
そうだとしたら、この先凄く暗い人生だなって思っていました。
ある時、スペンス乳腺と言うのを知りました。
こちらを開発することで、肉体が敏感になるらしいのです。
オッパイのGスポットと言われる部分。
もしかして、この部分を開発してもらえたら、今まで絶頂を迎えたことがない私でも、味わえることができるのでは?
そんな思いに駆られるようになっていました。

 出会い系の中で、スペンス乳腺の開発に興味があるって、何気なく投稿してみました。
理解してくれていた、35歳の方からの連絡がやってきた時、飛び上がりそうになりました。
乳首責めが得意な方を見つけてエロイプを開始する事に成功
「絶頂を感じられなかったのは、相手の男も悪かった部分もあるかもね。さらに開発すれば、どんな男とでもかなり興奮できるようになるんじゃないかと思うよ」
メール相手に言われ、希望を持つことができました。

 スペンス乳腺への刺激は、とてもソフトでまったりとしたものでした。
グリグリとやるのではありません。
乳房の付け根、脇の近くをちょっとくすぐったいような刺激を与えられていきました。
後ろから抱かれながら、オッパイの刺激をされる。
女の子なら、これが好きな子も多いのじゃないでしょうか?
指で、とっても優しくタッチしてくると、何とも言えないエロチズムを感じてしまいました。
ローションをなられて、さらにマッサージされるかのように、開発を進められていきます。
同時に乳首をグリグリと刺激されてしまったり、エロチックな気分はさらに盛り上がりました。

 初回の開発がとても良かったせいなのかもしれません。
その日、今まで以上に気持ち良さを感じられました。
さらに、回数を重ねて行くことに、私の肉体に変化が表れていました。
ちょっとした刺激で、大きく、そしてとても敏感に反応するようになっているんです。
出会い系で知り合った人に、新しい性感帯を開発してもらって、大正解だと思います。
乳首責め
クリ舐め