クリ拷問

夫婦の間でクリ拷問なんて、まぁ、お遊びみたいなもんだよ。
最初はちょっとしたお色気罰ゲームみたいなノリだったの。
夕食か手抜きとか、洗濯さぼったとか、その程度。
だけど、なんかさ、そのクリ拷問、妻の方がハマっちゃったんだよね。
わざと家事を手抜きしてクリ拷問受けたがるみたいな感じになって。
自分から「今日は家事しないで一日携帯ゲームしてました」なんて自己申告するようになっちゃって。
そんなにクリ拷問されたかったんか?みたいなね。
いや、妻にしてみれば家事さぼって気持ちいいことしてもらえるって解釈になっちゃってたんだよ。
まぁ、夫婦仲がいい間はそれでお互いうまくいってたんだけどね。
夫婦仲が悪くなると、ただの嫌がらせになっちゃうだろ。
電マで自分のクリを刺激するオナニー中毒に
俺だって、好きな女にクリ拷問するのは楽しいけど、心底「なんだ、こいつ!」って思ってる時は触れられるのも嫌じゃん。
特に、うちの父親が病気で倒れてた時は、本当に「なんだ、こいつ」って思ったよ。
入院してるっていうから、連休に実家に帰って様子を見に行きたいって言ってるのに、「あなたの実家には行きたくない」とかそんな我がまま言い出して。
なんか俺の母親とソリが合わないとかで会いたくないんだと。
そういうことってさ、クリ拷問したから許されるってことじゃないだろ。
人としてどうかってレベルのことだろ。
それなのに、クリ拷問でチャラみたいに思ってる妻のことが信じられなくなってきて・・・。
クリ拷問なんてお遊び半分のことと、親の病気のこと、釣り合いが取れるわけないだろって話。
援デリ
割り切り

出会い系アプリ

俺は出会い系アプリをたくさん利用しています。しかし出会い系アプリを使ってみてもサクラみたいな女性ばかりで全く出会いがありませんでした。彼女が欲しくて仕方ない俺は、お見合いパーティーに出席しました。そこにはかわいい女性がいたのですが、なかなかカップル成立にはなりません。

そんな時、会社の上司と一緒にとあるスナックへ行きました。スナックに行くのが初めての俺は緊張していました。きっと店の人は年上の女性が働いているのかと思っていましたが、店に入ると20代女性の人が何人も働いていて、上司の隣には店のママ。俺の隣には若い子が座ってくれました。
セフレ募集

「初めまして、ミキです。本田さん今日は若い部下と一緒なんですね。私嬉しい。」「なんだよ。俺1人じゃ嫌だったのか?」「本田さんはママがいればいいんでしょう?」「ばれたか。」大笑いする上司を初めて見た俺は少し驚いた。「こういうお店くるの初めて?」「はい。」「緊張しなくて大丈夫だよ。リラックスして。」俺は可愛い笑顔のミキちゃんに一目惚れした。「ミキちゃんは彼氏いるの?」「いないよ。募集中です。」店の営業トークかもしれないけど俺は少し嬉しかった。お酒の力を借りながらとても楽しく過ごせた俺はミキちゃんと番号交換をすることが出来ました。「今度は1人で着てね。」耳元で言ったミキちゃんの言葉に俺は頷いた。

そして、3日後俺は1人で店に行った。もちろん隣に着いたのはミキちゃん。出会い系アプリよりお金はかかるかもしれないけど、この出会いに頑張ろうと思った俺でした。
パパ募集アプリ
裏垢女子

パパ募集

大学に入って、仲良くなった女の子たちのグループが、「パリピ」みたいな人たちで、よく色んなイベントにも行ったし、そこで仲良くなった人たちとお酒飲んだり、そういうの。
最初はすごく楽しかったよ。だけど、私、どんどん疲れてきちゃって。
お金も続かないし、みんなどうしてるんだろうって不思議だったのね。
だけど、お金は、なんかパパ募集っていうの?ああいうところで知り合った人とパパ活って感じで付き合ったりしてたみたい。
そういうのは後で知ったんだけどね。
私は、結局、遊ぶのに疲れたのと、お金が続かないのと、夏休みに実家に帰って、上手くリセットできたみたいで、後期からはその人たちのグループからは距離を置いたの。
別の友達もすぐできたし、前のグループの子からは悪口とか言われてたみたいだけど、もう付き合いないから放っておいた。
パトロンとは
それに、だんだんと大学の中でも、そのグループの人たちの悪い噂が流れ始めるようになったからね。
パパ募集してる、薬やってる、グレーの人たちとも付き合いがある、みたいなね。
私も、早めに距離置いて良かったって思った。
パパ募集くらいならまだしも、薬だのグレーの人だの、犯罪すれすれのところにはいたくないし、最悪何かあったら大学退学で親に顔向けできなくなるもん。
一応、私も最初はやりたい仕事があって、今の大学を真面目に選んで入ったわけだしさ。たまに羽根を伸ばして遊ぶ分にはいいかもだけど、毎日パーリーみたいな人たちとは一緒にいられないよ。
パトロン募集
パトロンの意味